免疫細胞療法

医師

ひと昔まえまでは、がんは治らない病気として恐れられてきました。手術を行っても完治しにくく、他の臓器や骨に転移するため手術を繰り返す人も多かったものです。

現在注目を集めているのは、免疫細胞療法という治療法です。免疫とは通常誰にでも備わっているもので、体の中に異物が侵入するのを防ぐ自然の防衛反応です。
若いうちは特にこの免疫機能が活発でなかったため、かぜにかかっても自然治癒能力でなおすことができます。
しかし、成長するにつれて体の免疫機能は徐々に衰える傾向にあります。体内の遺伝子が傷つき、がん細胞にかわってしまっても、免疫が下がるとがんの進行を防ぐのが難しくなってきます。
免疫細胞療法とは、体内の免疫機能をあげ、もとからある異物を排除する働きをたかめることでがん治療を行うものです。

免疫細胞療法のひとつに、NK細胞療法があります。NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことで、がんのみならず、体内に侵入してきた異物をかたっぱしから排除してくれるすぐれた細胞です。
NK細胞療法では、患者の体内からとりだしたNK細胞を活性化させてから、ふたたび注射によって体内に戻します。強化されたNK細胞は、がんの進行が進む前にどんどんがん細胞を殺してくれるのです。

がん治療にNK細胞療法を取り入れれば、従来のようなメスをつかった外科手術をする必要がありません。また抗がん剤を用いることがないため、激しい副作用の心配もないのです。
外科手術や抗がん剤を併せるがん治療では、患者の体への負担が大きくなりがちです。手術をすれば治るのに、持ちこたえるだけの体力がないということが、これまでよくありました。
がんの種類を選ばないというのも、NK細胞療法の特徴です。がんが転移した部位や独特の症状などにかかわらず、あらゆるがん治療に効果があるのです。
もともと自分の体内にあった細胞を利用した治療なので、拒否反応などの心配がありません。患者の症状にあわせて積極的に治療をすすめられるので、従来の治療より期間が短くてすみます。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031